会員になるべき人とは

どんな業種であっても、そのサービスが適しているか否かは人それぞれになります。デートクラブも例外ではありません。今回は「どんな人がデートクラブの会員になるべきなのか」について解説します。まずは「恋愛を求めていること」です。これはデートクラブを利用するにあたっての最低条件とも言えるでしょう。
デートクラブは恋愛のための出会いを提供するサービスです。決して性的な欲求を満たすためのサービスではありません。

恋愛を求めているならば、それが割り切った一時的な恋愛であろうと、結婚まで見据えた継続的な恋愛であろうと問題ありません。その恋愛の結果として、親密な関係へと発展することは喜ばしいことでしょう。しかし、仮に男性が一夜の肉体関係のみを求めて女性と面会し、行為の後にその対価を支払ったとしたら、それは売春行為になります。
そのような目的でデートクラブを利用してはならないのです。

次に「男性はセレブであること、女性は容姿、人間性共にに魅力的であること」です。これをクリアしないとそもそもデートクラブの会員になることができません。
しかし逆に表現するなれば、これは該当者の特権であるとも言えます。デートクラブは出会い系や結婚相談所といった他のサービスよりも、ターゲットを絞り込んだ質の高い出会いを実現してくれます。この二つに該当する場合、デートクラブというサービスが適した人物であると言えるでしょう。